ヴェルファイアおすすめグレード

ヴェルファイアおすすめグレード

新型ヴェルファイア

 

最新のヴェルファイアの値引き相場をご存知ですか?

 

 

 

「もっと安くしてくれませんか?」なんてことを言うだけでは弱すぎます。
正しい交渉術がないと、定価に近い価格で購入することに・・・・。

 

ポイントをしっかり押さえたヴェルファイア値引き交渉方法を覚えて下さい。

 

https://vellfire-report.biz

 

 

ヴェルファイアメニュー

 

 

 

 

 

 

トヨタヴェルファイアの全グレード

ヴェルファイアグレード 駆動 車両本体価格
X 2WD/4WD 335万円
V 418万円
VL 463万円
   
 
 
ハイブリッドX   436万円
ハイブリッドV 497万円
ハイブリッドV Lエディション

2WD/4WD

 

552万円
ハイブリッド Executive Lounge 735万円
 

2WD/4WD

 

 
   
  2WD/4WD  

 

 

グレード名称に「ハイブリッド」とあるのがハイブリッドモデル、それ以外のグレードがガソリンエンジンモデルです。

 

 

 

 

 

 

ヴェルファイアのおすすめグレードは?

 

 

サイト管理人がおすすめするグレード・・・

 

それは、ZAエディションです!!


 

おすすめする理由は?

ハイブリッドやV6は高価なために2.5Lが中心です。

 

ZAエディションは助手席スーパーロングスライドシートを備えて、助手席のシートレールが最後端まで続いて独自のシートレールが可能になっています。

 

 

 

 

ガソリンモデルとハイブリッドモデル どちらがお得?

 

 

まずは金銭面だけではなく、ハイブリッドモデルとガソリンモデルのメリットとデメリットを挙げていきます。

 

 

ハイブリッドモデルのメリット
  • 燃費が良いのでGSスタンドへ給油する手間の減少
  • モーター駆動のためトルクフルでガソリンモデルよりも加速力が鋭い
  • ガソリンモデルよりも室内がかなり静か。
  • ガソリン消費量が少ないので二酸化炭素排出量も少ない

 

 

 

ガソリンモデルのメリット
  • 価格重視でみるとガソリンモデルの方がお得
  • シンプルにハイブリッドモデルよりも安い車体価格

 

 

 

 

ヴェルファイア価格
モデル JCモード燃費 車体価格
ガソリンモデル X

12.8km

335万円

ハイブリッド X

18.4km

436万円

 

 

同クラス・同グレードのハイブリッドモデルとガソリンモデルの価格差は約100万円もあります。

 

ただ、ハイブリッドモデルにはエコカー減税の恩恵もあるので、実際の価格差は約80万円程度まで縮まります。

 

また、ガソリンモデルよりもハイブリッドモデルの方がリセールバリューが高い点も考慮しなければなりません。

 

以上のことを考慮すると実際の差額は50〜60万円程度ということになります。

 

燃費的にはあたりまえですが、ハイブリッドモデルの方がすこぶる優秀です。

 

しかし!

 

差額の50万円を燃料代で元をとろうとするむちゃくちゃ大変なんですね。

 

 

1キロ走行した時の燃料費
  • ガソリンモデル 9.52円
  • ハイブリッドモデル:7.48円

 

 

10万キロ走行時の燃料費

 

ガソリンモデル:95万円
HVモデル:74万円

 

差額:21万円

 

よって、燃料費で元をとるためには最低でも20万キロ以上走行しなければならないという計算になります。
よって、燃料費だけで元を取ることはできない価格差となります。

 

 

 

 

結論

 

値段だけで考えるとガソリンモデルがお得です。

 

あと、加速力や静かな室内環境を求める方は必然的にハイブリッドモデルとなります。


 

 

 

実際にはどちらが売れているのか?

 

クルマ雑誌のベストカーの新車販売台数一覧にヴェルファイアの販売台数が載っています。

 

 

【2018年5月】
ガソリンモデルが2330台、ハイブリッドモデルが520台となっており、約2割の方がハイブリッドモデルを選んでいる状況ですね。

 

やはり値段がネックとなっておりガソリン車の方が優勢です。